【オナ電】見知らぬ者同士で電話越しのHを楽しむ方法とは

見知らぬ者同士でHを楽しむには、いくつかテクニックがあります。
それを上手に行うことで、オナ電が満足できる、最高の時間になります。
まずオナ電を楽しむには、思いっきり大胆になることです。
恥ずかしがって、Hな発言ができないと、相手もどこかぎこちなくなりますし、充実した時間になりません。
思いっきりHなことを言って刺激するような発言をして、自分をさらけ出すと、新たな一面が発揮でき、見知らぬ者同士、全く知り合いでもないので、色々と楽しめるようになります。
声のトーンや話し方を甘ったるいような可愛らしいような感じにするだけで、男性はかなりオナ電にはまり込んでいきます。
女性の甘い声にどんどん引き込まれていくので、声や音でイクようなテクニックをどんどん磨いていくと楽しくなります。
ちょっとHな会話、男性も自然と引き込まれていき、いつのまにか時間がたって楽しいオナ電ができるようになります。
リアルな発言をすることで、刺激的ですし、大胆な電話越しのHを楽しめるようになります。
テクニックを磨いて、男性の快適さや満足度などドンドン開発している女性は、声を聞くだけで刺激的な甘い雰囲気を味わうことができます。
見知らぬ者同士だからこそ、大胆になれるし、普段は言わないようなHなことを言いながら、オナ電を楽しむだけで普段では味わえないような快適な時間になります。
素敵な時間になるので、色々と満足感ある電話越しのHを楽しんでいきましょう。

男女それぞれのオナニーを豊かにするオナ電

性別によって性的興奮を受けやすい対象というのは多少違ってきます。
男性は視覚情報によって性的興奮に至りやすいため、AVや写真集など、具体的な女性の姿を見ながらオナニーに励むことが多いですが、女性が自慰行為に至る場合は、妄想の中で卑猥なシチュエーションを思い描きながら楽しむことが多いです。
そのため、視覚情報と妄想の両方が同時に楽しめるオナ電は、男女双方のオナニーのお供として満足度の高いツールとなっており、携帯電話の進歩によってさらに手軽に楽しめるものとなりました。
視覚情報については女性から送られてくるエッチな自撮り写真や、ライブ配信のような形で見せつけてくるいやらしいポージングや指の動きで十分に満たすことができますし、一方、男性がいかに興奮しているかの心模様を伝えたり、自分の下半身がどんなふうになってるかを事細かくリポートしたり、行為中の音をチュウチュウ、ピチャピチャとバリエーション豊かに再現することで、女性の妄想を掻き立てる役目を果たします。
女性側は自分の妄想で好きな男性像を思い描くことを望んでいることも多いので、男性は画像を送らなくても良い場合も多々あり、自分のルックスに自信がない男性でも安心して楽しむことができます。
視覚情報をあまり重要視しない女性は、オナニーの最中、目を閉じた方がむしろ集中できるという声もあるぐらいですので、自分の痴態を晒したくない男性にとってはラッキーな違いと言えるでしょう。
自分の痴態を見てほしいと願う露出趣味のある男性は、視覚情報からも興奮したい女性とマッチングすれば良いだけですので、自分にぴったりのオナニーツールとして楽しむことができます。

電話のエッチな会話で膨らむ妄想

オナ電に興味はあるけど、利用したことのない男性って、多いかと思います!会ったことのない人と、声だけのエッチな会話でなにが楽しいのかと、楽しみ方がわからない人もいるかと思います。
ただ、会ったことのない人だからこそ楽しめるのです!会ったことがなければ、顔もわからなければ、体型もわかりません。
そのため、自分の好きなように想像を膨らますことができるのです!例えば顔は自分の好きなアイドル、体は自分の好きな好みの胸の大きさの女性を想像しながらエッチな会話をしたら、それだけでけっこう興奮するものです。
また、音から入る刺激というのはすごく大きくて、例えばアイマスクをされながらエッチなことをすると興奮するように、電話の音声は、ぞくぞくする楽しさがあります。
また自分の顔も見られていないため、好きなだけエッチなことや、普段は言いづらいことでも言えてしまうのです。
また、相手がえっちな女の子であれば、要望をすべて聞いてくれる可能性もあります。
たとえばやらしい声を出してほしい、胸を触って感じてほしい、などの要望に応えてくれる子もいるので、そうなると本当に興奮してくるはずです。
また、そういった電話で対応してくれる子は、大抵すけべな子が多いです。
だから、自らえっちなことを言ってくる子もいるし、すけべ同士で好きなだけえっちな会話を楽しめるのも魅力的です。
言葉責めをされるのが好きな人も、するのが好きな人も、気にいること間違いなしです。

アダルトボイスに豹変する年上の女性とオナ電しました

大学合格を果たしたおかげで、私にもようやくスマホが与えられることになりました。
両親からの有り難いプレゼントだというのに私はこのスマホで受験で溜まりに溜まった性欲をオナ電で発散しているのです。
童貞である私ですがエッチへの知識は豊富でして、スマホでどんなエッチな動画が視聴できるのかなども把握しておりました。
しかし、私が一番やりたかったことは大人な女性とのエッチな会話だったので、アダルト動画よりもオナ電を選択したのです。
貯めておいたお小遣いから前払いをしてオナ電をスタートさせると、いきなり年上のA子さんと会話ができるようになったのです。
彼女は22歳で私よりも年上ではありましたが、話している幼い声でして自分の理想とは少し違っていました。
しかし、この女性で良かったのです。
その理由はA子さんがオナ電に慣れていたからです。
会話の際には幼い声だったというのにいざオナ電が始まるとその声は急変してしまい、いきなりアダルトボイスへと移行したのです。
「○○君は何処を舐められたいの?言ってごらんなさい」とかジュバジュバと音を立てながら「こんなにも舐めてあげてるのにどうしてザーメン出してくれないの」とか言葉責めのオンパレードなのです。
ずっとこの興奮を楽しんでいたいと思っているものの、とうとう私も我慢ができなくなり大量の精液を放出してしまったのです。
射精したことをA子さんに告げると再び幼い声に戻り、A子さんはそそくさと電話を切ってしまいました。
電話を切った後の私は放心状態でした。

強引かつ丁寧な誘導がカギとなる

直接肌を交えるよりも電話を介することでよりエロティックな気分にさせてくれるのがオナ電です。
昔は携帯電話などもなく、家の固定電話が主流の時代では、良く見知らぬ変態男性からかかってきたりまたは友人同士集まると遊びとしてかけてみたりとオナ電の可能性を探ってみた経験は誰にでもあるかも知れません。
時代が時代だったのでしょうか、意外とノリノリな奥様などがおり、思わずたじろいでしまうこともしばしばです。
友人の手前いろいろ強がってはみるものの心臓はバクバク、結局奥様に手玉に取られていたのでしょうか。
しかし時間が経ちひとりになると奥様の声が脳内を巡り、再び電話をかけてみようと必死に電話番号を思い出すのですが、もう二度とその数字が呼び起こされることはないというのがロマンティックなのでしょう(現在は履歴が残るのでそんなこともなし)。
その経験は大人になった今でも股間を刺激することがあります。
相手はランダムに電話を掛けた相手ではなく安定の彼女、ロマンティックなムードは少し低下しますがそれでも応じてくれた時の興奮はかなりのものになるのです。
初めのころは貞操を保つかのように拒否したりかわそうとするのですが、そこでひるんでは意味がありません。
少々強引に「おっぱい揉んでみて」「あそこ触ってみて」と伝えていくのです。
渋々ながら応じてくれると、今度はトーンを優しく丁寧にアプローチを変化させると、自ら状況を伝え始め卑猥な言葉を欲するようになります。